« 2017 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

印刷ごっこ

 gokko3.jpg

 久し振りに印刷で遊んでみました。印刷と言ってもプ○○トゴッコでです。何年振りになるでしょうか、この道具を使うのは。天袋の奥に締まってあったのを引っぱり出してみました。懐かしい…私にとってこの道具ゴッコは、父との思い出=年賀状作りの歴史なのです。
 小学生の頃、初めてゴッコを使いました。年賀状を作るために父が買ってきたのです。父は几帳面な性格で、綺麗な字を書き、年賀状なんかもきっちりこなしたい人でした。新し物好きでもあるそんな父がゴッコの存在を見逃すはずはありません。なにせ手で彫らずに版を図案通り作る事が出来るのですから。私は教えてもらいながら、好きな図柄を描いて版をおこしました。刷る時はインクを沢山入れ過ぎたために色が混ざってしまったりして四苦八苦、それでも刷り上がりは期待以上で自己満足ながらすごく楽しかったことを憶えています。
 今手元にあるゴッコは自分で買ったもの。親元を離れても、年賀状をゴッコで刷る慣習は続いていました。ところがここ数年はコンピュータで出力するのが常です。大きな理由は無くてっとり早いからなのですが、哀れ用無しとなったゴッコは天袋の奥に追いやられたという訳でした。今回、そんなゴッコが日の目を浴びることになったのは、刷りたいものがプリンターでは印刷出来ないものだったから。画像の通り、木の突き板にもなんなく刷ることが出来ました。久し振りにゴッコを使った私はというと、またインクを入れ過ぎたりして昔と同じ失敗をしてはいましたが、その面白さを再認識したのでした。

モノ | CM(0) | TB(0) 2008.07.28(Mon) 00:50
copyright © なかぐろや all rights reserved.
まとめ

なかぐろ・とは



中黒(なかぐろ)は、記号活字の 「・」。 中立・中庸を意図して屋号にしました。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード