« 2017 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

文鎮 其の三

黒柿文鎮1 ローズウッド製の前に黒柿製の文鎮の方を完成させました。この材もキレイに削るのがちと難しい。色の変わり目で材質も変わるためですが、気を遣いました。仕上げは蜜ロウ仕上げ。いつもなら木地仕上げとするところですが、少し黄色く艶やかに上げたかったので今回は蜜ロウを擦り込んでみました。良かったようです。更にギターのピック(下画像左)も蜜ロウ仕上げ。とても薄いものなので、緻密で堅めの材・カバを使いました。小さいハートみたいで可愛らしい。
pick2.jpg
木工・漆 | CM(7) | TB(2) 2009.05.06(Wed) 21:28

コメント

こんばんは
今度は我が家特性の蜜蝋も是非使ってみて下さいね。丹精こめて作りますから!本日、作った蜜蝋は、フローリングのワックスとして塗ってみました。結構、いいかも!

2009.05.06(Wed) 23:12 | URL | 喜音家蜻蛉 #3QwtAnY2[ 編集]

→喜音家蜻蛉さま

何だか偶然に今回は蜜ロウ仕上げしたところでした。
自然なツヤが良いですよね。
湘南蜜ロウ、楽しみにしています。

2009.05.07(Thu) 19:11 | URL | なかぐろや #-[ 編集]

→ノラくらさん

ピックは、偶然薄い材が有ったので早く出来ました。
文鎮と一緒に今日送りましたので、また感想を聞かせて下さいまし。

2009.05.07(Thu) 19:15 | URL | なかぐろや #-[ 編集]

ピック

このピックの形は涙型と言われているのです。
本当はもう少し薄いと良いのですが
木製品では難しいでしょうね。

どんな音がするのでしょうか
楽しみにしています。

有難うございました。

2009.05.07(Thu) 21:25 | URL | Bakarasche #-[ 編集]

→Bakarascheさん

あ~逆に、サンプルでお預かりしたピックより0.数ミリ厚くなってしまいました。。
もっと堅い木でないと機能を果たさないかもしれませんね。
中央は凹んでいた方が良いのでしょうか?
弾いた途端に割れたりしたらゴメンなさい。。

2009.05.08(Fri) 02:55 | URL | なかぐろや #-[ 編集]

ピック到着

今日、ピックが届きました。
薄さは、この大きさのピックだと丁度良い感じです。
蜜蝋処理は良いかもしれない。
エッジが滑り易いので、弦離れが良いです。

後は耐久性ですね。
少し削れる位だと、万年筆のペン先と同じで
逆に弾き易くなるので、その状態をキープできるといいのですが、、

実際の音は、明日昼間にでも音出ししてみることにします。

何はともあれどもありがとう。
そりでは。

2009.05.08(Fri) 23:11 | URL | Bakarasche #-[ 編集]

ピックに蜜蝋

蜜蝋処理が功を奏しましたか、良かった!
ピックの材質で音も変わるなんて…。より良い音が出るなら
こちらも作り甲斐があり頑張っちゃいます。

2009.05.09(Sat) 00:06 | URL | なかぐろや #-[ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://nakaguroya.blog17.fc2.com/tb.php/174-a3da43ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大麻と鷲とサイ vs カバ (ピック対決なのだ)

去年からほぼピックを止めて、指弾きに転向すべく練習中な訳だが、 あまり拘っている訳ではなく、例の形から入るシリーズの延長みたいなもの...

2009.05.11 | ジャポニカ練習帳

ローズウッド製のピックを作ってみた。

以前、なかぐろやさんが作ってくれたカバ製のピックを紹介したが、 その後、同じ形に切ったローズウッドを頂いたのだ。 今度は、自分で好き...

2009.08.26 | ジャポニカ練習帳

copyright © なかぐろや all rights reserved.
まとめ

なかぐろ・とは



中黒(なかぐろ)は、記号活字の 「・」。 中立・中庸を意図して屋号にしました。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード