« 2017 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

革道具

革道具

 今日はウマ完成の報告をしようと思っていたのですが、残念まだ出来ていません。その前に革の道具のカバーが形になりました。右から革すき包丁、菱ギリ、丸ギリです。先輩達の道具に可愛いカバーが付いているのを見て羨ましく思っていたので、ちょい嬉しい気持ちです。好きな革を使って良いと言われ、使う時明確に区別出来るよう全く違う色の革を選びました、タンニンなめし革のトリコロール。糸は何色にしようかな。そう、まだ縫ってはいないのです。縫うにはウマが必要です。早く作らなければ。。
 これらのカバー、実は結構な数の工程を踏んでいます。革の裁断→裏表に化粧ねん付け→a革小口ヤスリがけ→b小口にふのりを塗り布で擦り込み→a・b×2回→革の裏側にボンド2回塗りし革を二つ折り→ネジねんで縫う場所を印付け、…でこれから縫う作業です。
 何でもそうでしょうか、ヤスリがけしたり・磨いたりという作業のなんと多いこと。漆では感じていましたが、革でも小口を磨く作業に結構な時間を割くということに気が付きました。
革 | CM(0) | TB(0) 2008.08.04(Mon) 23:19
copyright © なかぐろや all rights reserved.
まとめ

なかぐろ・とは



中黒(なかぐろ)は、記号活字の 「・」。 中立・中庸を意図して屋号にしました。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード