« 2017 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

しらがき

しらがき2
しらがき1

 前々回のカードケース用の革を裁断するには、革すき包丁を使います。私が悩んでいたのは、その刃幅が大きいために曲線部分が切れないこと(いや慣れた人なら切れるのかもしれませんが)。革の先生の所には斜め刃の革切り包丁がありますが、私はまだ持っていないのです。どうしようかなぁと道具箱を覗くと、そこに「しらがき」がありました。これ使えないかな?やってみると…凄くイイ!「しらがき」は本来、木材を切ったり細工をしたりする箇所の線を、正確に描くためのものです。木工をやられる方には怒られそうですが、使ってしまいました、革に(スミマセン)。お陰で曲線部はなんとか綺麗に切ることができました。
 で、お礼という訳ではありませんが、前々からやろうと思っていた「しらがき」の柄を作りました。刃だけの状態では、描く時にちょっと指が痛かったのです。ちょうど良い朴の材もありました。厚みを半分に切って、しらがきを挟む形。これでだいぶ描き・切り易くなりました。「しらがき」にとっては良い機会となりましたが、これからも革用に使われてしまうかもね。。
 
木工・漆 | CM(1) | TB(0) 2008.08.13(Wed) 18:45

コメント

お礼→ノラくらさん

ノラくらさん、有り難う!
面倒くさがってたけど、意外と早く出来ました。
食わず嫌いの作業だったようです。

2008.08.30(Sat) 23:02 | URL | なかぐろや #-[ 編集]

コメントの投稿


秘密にする
copyright © なかぐろや all rights reserved.
まとめ

なかぐろ・とは



中黒(なかぐろ)は、記号活字の 「・」。 中立・中庸を意図して屋号にしました。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード