« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ウマとバッグ

 ウマのベース(画像右の木板)を削っています。革を縫う際、ここに座ってウマ自体を固定します。お尻を載せる部分なので、角のある板のままでは痛いのです。よくお尻の形に座面を削った椅子がありますが、それと同じ目的です。最初は後ろの方2/5位だけ削っていましたが、先日実際に縫ってみたら、もっと前に座ることが判明したので、R部分を前に広げるように削っています。使うのは反り鉋。先に削ったベースの右側だけ、R部分が広いのが分かるでしょうか。この材、よく使う檜ではなく杉です。なので、削った時に良い木の薫りはしませんが、木肌は綺麗です。シュルシュルと良く削れるので楽しく、注意していないとついつい削り過ぎてしまいそうです。いけないいけない。
 そして、ウマを持ち運ぶトートバッグも出来上がりました。縫い目の粗さ・ガタガタをごまかすために、取っ手が付く部分をランダムに沢山縫いました。
木工・漆 | CM(0) | TB(0) 2008.08.20(Wed) 21:47
copyright © なかぐろや all rights reserved.
まとめ

なかぐろ・とは



中黒(なかぐろ)は、記号活字の 「・」。 中立・中庸を意図して屋号にしました。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード