« 2017 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

絞漆(しぼうるし)

絞漆1 絞漆3

 絞漆を塗ってみました。絞漆とは、漆に卵の白みや豆腐・ゼラチン・カゼインなどを少量加えて粘りを出させたものを言います。出来上がった様子により様々な名称が付けられていますが、これは唐塗り(津軽塗り)に近いでしょうか。
 まず、下地を整えた板に、呂色漆に卵の白み(生)を加えて絞漆にしたものを塗り、その上で、ビニールを巻いた手をぺたぺたと上下させます。ランダムな模様が出来た状態で乾燥後、朱色漆や呂色漆、木地呂漆などを何度か塗り重ね、最終的には平らに研いで磨きます。
 作業が意外と単調なため、最初は期待していなかったのですが、最後研いでいる間に段々とこの模様が浮かびあがる様子は、結構な感動ものでした。練習のつもりだったのに、つい裏まで仕上げて板皿か花瓶台として使えるようにしてしまいました。

絞漆2
 
木工・漆 | CM(0) | TB(0) 2008.08.24(Sun) 23:57
copyright © なかぐろや all rights reserved.
まとめ

なかぐろ・とは



中黒(なかぐろ)は、記号活字の 「・」。 中立・中庸を意図して屋号にしました。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード